パールネックレスの選び方 - ジュエリーShinwa

花珠真珠が製品になるまで

核入れ 核入れ
貝の特性を利用し、3〜4月に行われる核入れ作業。
熟練者の手によって一個一個ていねいに核が入れられ、イカダに吊し海で養殖します。
浜上げ 浜上げ
真珠自体のツヤが増す11〜1月にかけて、浜上げ(真珠採取)を行います。
選別 選別
加工をし、ベテランによる厳しい目で、色、形、巻き、光沢、キズ、大きさをチェックしながら選別します。
連組み 連組み
選別、連相など、いくつもの工程の後、さらに熟練の技で厳選。
手間と時間をかけてていねいに仕上げられていきます。

厳選された真珠、それが花珠

宝石鑑別機関で鑑別され、「巻き」「形」「光沢(てり)」「きず」「仕上げ(連相)という5つの要素で最も良いという評価が与えられた真珠のみが「花珠」と呼ばれます。

真珠の真価を決める5大要素
  1. 巻き…核の周囲の真珠層のこと。厚いものほど美しく耐久性に優れています。
  2. 形…形はさまざまですが、正装用などには真円に近いものほど良いとされます。
  3. 光沢(てり)…曇りがなく凛とした強い光沢のあるものが良いとされます。
  4. きず…きずの場所や数、大きさによって、その価値は大きく左右されます。
  5. 仕上げ(連相)…品質はもとより粒の大きさが揃っているものが良いとされます。

パールネックレスの選び方


パールのクオリティを決定づける要素と「花珠」について
パールネックレスの高級感の決め手となる、真珠そのものの品質。
それはさまざまな要素が重なって決まります。

光沢 真珠の品質を決定する大切な要素のひとつである。まろやかな光沢。表面のやわらかさ、真珠層差が出てきます。
マキ(巻き) 真珠層の厚さのこと。厚いものほど高い品質であるとされます。
一般的に”真円”に近いものほど高い品質であるとされます。真円でない形のものも独特の趣きのひとつになることがあります。
キズ 真珠の養殖中に自然にできたものですが、やはり少ないものほど良質とされています。

高級店のパールネックレスなどのパールジュエリーに使用されている「花珠」。
「花珠」とは、アコヤ真珠の中でも特に最高級品質のパールを意味します。

パールは、長い年月と多くの作業を経て誕生します。 しかし、核入れをしてすべての貝がパールを育むわけではありません。 その年の気象条件や病気などによって、養殖途中で核を吐き出したり、死んでしまう貝もあります。 また、最終的にパールができても宝飾品として使えるものは限られています。
創業以来、厳格に守り抜いている独自の品質基準でこの「花珠」だけを厳選し、パールジュエリーをおつくりしています。

高品質を誇る真珠「花珠」。その深く凛とした存在感が、着ける人を優雅に彩ります。

長年真珠を見続けてきた熟練者によって選び抜かれた「花珠真珠」。 巻きや形、光沢などどれをとっても申し分のないシルバーピンクパールの美しさは息をのむほど。
永く愛用するジュエリーにふさわしい高品質のネックレスを、伊勢・志摩の加工メーカーにより魅力のプライスでお届けいたします。
大切な人の成人や結婚、またご自分へのプレゼントとして最適です。

真珠の故郷〔三重県 伊勢・志摩〕
花珠真珠。加工メーカー直売 魅力のスーパープライス!!


花珠真珠(7.0〜7.5mm珠)
ネックレス+イヤリングorピアス

一般小売価格 \180,000
スーパープライス \90,000

花珠真珠(7.5〜8mm珠)
ネックレス+イヤリングorピアス

一般小売価格 \280,000
スーパープライス \140,000

花珠真珠(8〜8.5mm珠)
ネックレス+イヤリングorピアス

一般小売価格 \380,000
スーパープライス \190,000